「鬼滅の刃」とコラボ、おにぎり専用のり登場 浜乙女

浜乙女(名古屋市、服部義博社長)は、TVアニメ「鬼滅の刃」とコラボレーションした『鬼滅の刃 塩付おにぎり海苔』(3切20枚)をこの3月下旬から発売。「鬼滅の刃」の登場キャラクターをデザインしたオリジナルパッケージ(全4種)を展開。1商品につき1枚、「絵柄がつながる」オリジナルシールも入れた。コラボ商品の販売を記念して、オリジナル動画の配信やTwitterキャンペーンも実施する。

コラボパッケージは、主人公の炭次郎がおにぎりを食べているシーンや9人の柱などをデザインしたもの。

オリジナルシールは全15種類で、そのうち2種はシークレットアイテム。キャラクターのイメージに合わせたおにぎりのイラストが描かれており、シールを集めると絵柄をつなげて楽しめる。

全国の量販店で3月下旬から、順次通常品と切り替え。予定数量がなくなり次第終了。

今回のコラボレーションを記念して、浜乙女オリジナルのキャンペーン動画を特設サイトで公開。また、同商品全4種セットが当たるTwitterキャンペーン(第1弾:4月5~18日、第2弾:5月10~23日)も開催する。

同社の「塩付おにぎり海苔」は、04年の発売以来好評を博しているおにぎり専用のり。焼のりの片面に塩がついており、握ったご飯に巻くだけで、おにぎりが簡単かつ衛生的に作れる。チャック付き袋に入っているため持ち運びにも便利で、学校や行楽などの弁当作りに重宝されている。