カゴメ「野菜一日これ一本」 今期も好調持続 新CM、店頭販促で活性化

カゴメの主力商品である「野菜一日これ一本」の新たなプロモーション展開が固まった。

昨年度の同品の売上収益は、前年比108%と大幅成長を達成し、今年1~2月も前年を上回る実績で推移。その背景には、「コロナ禍での健康意識の高まり」があるためと同社では指摘している。

新製品の「野菜一日これ一本 Light」(カゴメ)
新製品の「野菜一日これ一本 Light」(カゴメ)

こうした動きをさらに加速するため、3月23日から「野菜一日これ一本」の新TVCM「あなたの大好物に、合うのだ。」篇の放映を開始。

昨年の「野菜は、肉に合うのだ。」に続き、今年は「あなたの大好物に、合うのだ。」をキーメッセージとし、「食事に合う」というメッセージを伝える。このCMでは同日発売の「野菜一日これ一本Light」を露出する。

また、店頭プロモーションの一環として3月下旬から動画を放映して売場を活性化。ここでは「野菜一日これ一本」や「野菜一日これ一本Light」「野菜一日これ一本Plus」(16日発売)を露出。

さらに災害など非常時の栄養不足や野菜不足が解消できる「ローリング・べジ・ストック」という考え方を啓発し、保存できる野菜を浸透させるため、「ローリング・ベジ・ストック」マークを印刷した外装段ボールを展開。このロゴマークは今年2月に商標登録しており、今後は店頭やパッケージなどでも訴求する。