みそ×ソースで需要拡大 マルコメとブルドックソースがコラボ

ブルドックソースは4月から、マルコメと共同で「みそ×ソース1:2『万能味(み)ソース』でいつものご飯が大変身」をテーマに、「みそ」と「ソース」で作るメニューを提案する。調理用途を訴求し、ソースの需要拡大を図る。

ソースはフライなどにかけて使用することが多く、近年はフライの喫食減少とともにソースの消費量も減少傾向にある。2020年はカゴメとのコラボレーションを通じ、価値向上と需要拡大に取り組んだ。そして、21年はマルコメとのコラボレーションを通じ、調理用途の訴求と需要拡大を目指す。

今回の企画では、常備調味料のみそとソースを家庭内で合わせる新調味料「万能味ソース」を提案。簡単・節約・マンネリ化解消メニューとして「デミ風!?ハンバーグ」「ご飯がすすむ和風ポークソテー」「コク旨焼うどん」を訴求する。

同社は今回、「ウスターソース」「中濃ソース」「とんかつソース」のキャップシールを活用し、ソースでいつものご飯がおいしく変身することを紹介。ホームページ内に特設サイトを開設し、ソースの価値向上に取り組む。