中部薬品「V-drug」 名古屋・大須に新コンセプト店 「シェ・シバタ」のスイーツ店併設

バローグループの中部薬品は10日、「V-drug大須店 和―なごみ―」(以下大須店、名古屋市中区)をオープンした。名古屋有数の商業観光地である大須商店街の一画に立地。地域生活者の心身を癒す場となることをコンセプトに、ヘルス&ビューティ、食品、日用雑貨など約1万8千SKUを取り揃える。また、岐阜県出身のパティシエ柴田武氏が手掛ける新スタイルショップを併設。“パティシエが作るこだわりの食べ歩きスイーツ”を販売する。

「大須店」は、売場面積約815㎡、営業時間9~21時。商品構成は、ヘルス&ビューティ65%、食品20%、日用品15%。周辺に居住する地域生活者、参拝・観光などで訪れる客の双方の利用を見込む。

化粧品コーナーでは、韓国コスメやインポートコスメ、SNSやネット上で人気となっている商品を積極的に展開。食品は、日配、加食、冷食、菓子、飲料、酒類など仕入れ商品に加え、店内調理の弁当・惣菜やバローグループの惣菜専門店「デリカキッチン」の商品なども販売する。

カフェコーナーでは、コーヒーマシンとイートイン席を用意。月額1千円(税込)で淹れたてコーヒーが飲み放題になるサブスクリプションサービスも提供する。

店内併設の「シェ・シバタ エクスプレス」(約5坪)では、従来の店舗とは異なり、食べ歩きが楽しめる大須店オリジナルメニューを展開。クロワッサンを“パリッ フワッ”に焼き上げ(グリエ)、チョコやイチゴソースなどをかけた「クロ・グリ」をはじめ、「ホットサンド ショコラ」「焼き肉まん」「カレーパン」などを販売する。