「昭和天ぷら粉」60周年でプロモーション強力展開 ドキュメンタリー風の新CMも

昭和産業は、「昭和天ぷら粉」発売60周年を記念したプロモーション活動を展開している。

1日からは「昭和天ぷら粉」発売60周年を記念した新CM「本物には印がある。」篇の全国放映を開始した。

60年にわたって、天ぷら専門店(外食)、惣菜店(中食)、家庭(内食)のさまざまシーンで愛用されてきた「昭和天ぷら粉」。CMでは、お店からの信頼は家庭での安心につながり、「昭和天ぷら粉」には間違いない確かなおいしさがあることを、「本物には印がある」というメッセージに込めて、ドキュメンタリータッチで伝えている。

「昭和天ぷら粉 黄金」60周年キャンペーンパッケージ(昭和産業)
「昭和天ぷら粉 黄金」60周年キャンペーンパッケージ(昭和産業)

また、3月から「昭和天ぷら粉」発売60周年記念キャンペーンをスタート。家庭用「昭和天ぷら粉 黄金450g」を対象製品に、「購入して応募」「Twitter応募」の2コースを実施。「天ぷら粉黄金」をイメージさせる「純金のお箸」や「インゴッドカード」、天ぷら作りに役立つ「BRUNOマルチグリルポット」などのほか、Wチャンス賞含めて、抽選で総計2千631人にプレゼントする。

さらに、昭和産業公式ユーチューブチャンネルでは、外ごはんスタイリスト風森美絵さん考案による天ぷら粉を使ったアウトドアレシピを発信するほか、料理ブログサイト「レシピブログ」では、「天ぷらだけじゃもったいない!天ぷら粉活用レシピ&フォトコンテスト」を開催する。

そのほか、業務用では各エリアの外食店や惣菜店とのコラボ企画なども多数実施する予定。発売60周年を迎えた天ぷら粉の魅力を伝えるとともに、外食・中食・内食のさまざまなシーンにおいて、天ぷら需要を盛り上げ、市場活性化に貢献する。