マルサンアイ 3月で創業70年目 「大地のおいしさから、新しい幸せを。」

みそや豆乳など大豆製品を製造販売するマルサンアイ(愛知県岡崎市、渡辺邦康社長)は7日、創業70周年目を迎えた。これを記念し、100年に向けて挑戦するスローガンとして新しいタグライン「大地のおいしさから、新しい幸せを。」を制定、周年を記念するロゴマークも制作し、特設ページで紹介している。

タグラインは「『おいしさ』の持つ素敵な可能性をもっと見つけて、もっと引き出して、お客様一人ひとりの未来を豊かにするお手伝いをつづけて行きたい」という想いを込めた。

ロゴマークは、70 thmarusanの文字をベースに、同社のキャラクター「マルサン坊や」を太陽に見立て、土とそこから芽生える大地の恵み、主な原料となる大豆を散りばめた。

特設サイトでは渡辺社長のあいさつとして「みなさまに支えられて70年。感謝の気持ちを忘れず、健康で明るい生活のお手伝いをするべく、あらためて社員一丸となって努めて参ります」などとメッセージを掲載。このほか記念ロゴのコンセプト、創業からこれまでの沿革、発売された商品を年代ごとに画像を交えてまとめた「70年のあゆみ」、SDGsへの取り組みなどを紹介している。