イオン、ワクチン接種会場を提供 全国の商業施設や駐車場で

イオンは2日、新型コロナウイルスのワクチン接種会場としてイオンのショッピングセンター内の施設や駐車場を提供すると発表した。

現在、約20の自治体との間で館内施設を接種会場として提供することが決定し、約60の自治体と会場設置や運営方法に関わる具体的な検討を進めている。今後は約200の自治体と接種に関わる協議を進め、具体的な取り組みについて合意できた地域から随時、設置会場を提供する予定。

イオンでは、全国で約700の自治体・民間企業などと約1千の防災協定を締結しており、これまで地震や台風などの自然災害時に救援物資の提供や避難場所として駐車場スペースを提供。国政・地方選挙時には期日前投票所の設置にも協力している。