カゴメ 大豆ミート拡充 カレーとパスタソース

プラントベースフードへのニーズが高まり植物性素材を使った大豆ミート食品が脚光を浴びる中で、カゴメは3月9日から大豆ミートを使った業務用商品「大豆ミートのほうれん草カレー」(170gアルミパウチ)と「彩り野菜と大豆ミートのアラビアータ」(140gアルミパウチ)を発売する。

一部の小売店や通販サイトなどでも販売。同社は一昨年から動物性原材料を使わず、植物素材を使った商品を業務用チャネルを中心に展開してきたが、3月から新たに2品を加え、ラインアップを拡充する。

「大豆ミートのほうれん草カレー」は、炒めた玉ねぎと野菜だしに、ほうれん草、にんじんなどの野菜を加えて煮込んだ、野菜の甘味や旨味を感じられる味わい。大豆ミートの具材感や豆乳素材のコクを生かし、食べ応えのあるおいしさが特徴となっている。

「彩り野菜と大豆ミートのアラビアータ」は、完熟トマトをベースにグリル野菜(なす、黄色ズッキーニ)や大豆ミートの固形具材を加えた、ピリ辛なパスタソース。ロングパスタ以外にも、ショートパスタやゆでた野菜などへの上掛け用ソースとしても利用することができる。

1食使い切りタイプなので、少ない提供食数にも対応できる。ホテルや外食店などでのヴィーガンおよびベジタリアン向けのメニューにも最適。特定非営利活動法人ベジプロジェクトジャパンが定めるヴィーガンの認定基準をクリアしており、パッケージには「ヴィーガン認証マーク」が付いている。