アイリスオーヤマ パックごはん生産ライン一時停止 自動倉庫で荷崩れ発生 震度6強で

アイリスオーヤマは14日、13日23時頃発生した福島県沖を震源地とする震度6強を観測する地震によって14日13時時点で確認された被害状況を報告した。

角田工場(宮城県角田市)のマスク生産ラインは問題がなく稼働中で、同工場のパックごはん生産ラインが安全確認のため一時停止中となっている。自動倉庫は、角田工場・大河原工場(宮城県柴田郡)・亘理工場(宮城県亘理郡)の各拠点で荷崩れが発生し、角田と亘理(精米ライン)の自動倉庫は15日からの出荷に向けて復旧作業中。大河原(カイロ・脱酸素剤)の自動倉庫は復旧作業をしながら他工場より振り替え出荷を実施する。

従業員の被害報告は14日13時時点ではなく、本社・研究開発拠点は一部建物の被害と物品などの落下があったものの大きな被害はないとした。

また今回の地震による輸送機関の乱れなどで、同社からの出荷製品について納期遅延の影響が出る可能性があることも報告した。