アサヒグループHD 新社長に勝木敦志氏 小路社長は取締役会長に

アサヒグループホールディングス(GHD)のトップ交代人事が決定した。専務取締役兼専務執行役員兼CFO兼日本統括本部長の勝木敦志氏が代表取締役社長兼CEO兼日本統括本部長に就任し、小路明善代表取締役社長兼CEOは取締役会長兼取締役会議長に就く。3月25日付。

勝木敦志氏(かつき・あつし)=1960年3月17日生まれ。60歳。出身地は北海道岩見沢市。1984年3月青山学院大学経営学部経営学科卒業後、ニッカウヰスキーに入社。2002年9月アサヒGHDに転籍、06年9月国際経営企画部長、07年9月経営企画部担当部長兼国際本部担当部、11年7月企業提携部門ゼネラルマネジャー、同年10月AsahiHoldings(Australia)PtyLtd,ManagingDirector、14年4月AsahiHoldings(Australia)PtyLtd,GroupCEO、16年3月アサヒGHD執行役員兼AsahiHoldings(Australia)PtyLtd,GroupCEO、17年3月取締役兼執行役員、18年3月常務取締役兼常務執行役員、20年3月専務取締役兼専務執行役員兼CFOを歴任し、20年4月から現職。