「ヤクルト1000」いよいよ全国へ! 賞味期限も延長

ヤクルト本社は4月5日、乳製品乳酸菌飲料「Yakult(ヤクルト)1000」=写真=の販売エリアを全国に拡大する。

「Yakult(ヤクルト)1000」(100㎖/税別130円、7本パック/税別910円)は、生きた「乳酸菌シロタ株」を1本に1千億個含み、一時的な精神的ストレスがかかる状況での「ストレス緩和」「睡眠の質向上」といった機能を有する機能性表示食品。

現在は北海道、東北6県、関東甲信越地区と静岡県で販売中(ヤクルトレデイによる訪問販売など)だが、販売が好調に推移していることに加え、供給体制が整ったことから、満を持して販売エリアを全国に拡大する。3月30日製造分からは賞味期限を3日延長し、「製造日から21日後」とする。

今期の国内ヤクルト類売上高(4~12月/1日当たりの本数)は前年比4.1%増で推移しているが、「Yakult(ヤクルト)1000」が牽引する「その他ヤクルト」類は前年比173.5%増と大幅増となっている。

全国展開に伴い、2021年度は110万本(1日当たり)の販売を目指す。