オンラインで食育進化 明治・松田克也社長

オンライン化により新たに可能になったことがある。例えば食育活動だ。従来は学校や企業などを訪問する形で実施していたため、どうしても実施できる場所や人数に限りがあった。オンライン化により、場所に縛られることなく、遠く離れた地方でも、離島の方々に向けても実施が可能となり、一度に複数の事務所に向け、実施することが可能になった。今後も明治の食育を進化させ、新たな可能性を探っていきたい。