チョコバー「ファッツェル」陳列用什器を無償提供 三井食品

三井食品は、「ファッツェル」チョコレートバーの店頭展開を強化する。フィンランド・ファッツェル社のチョコレートを取り扱う店舗に、チョコレートバー専用の店頭陳列用紙製ディスプレイ什器(=写真)を無償提供する。

対象製品は「カール・ファッツェル ミルクチョコレート39g」「同 塩キャラメル37g」「ゲイシャ ミルクチョコレート37g」「同 ダークチョコレート37g」の4種類。最大60本陳列可能な専用什器を提供し、菓子売場やレジ周りでの提案を強化する。

ファッツェル社は、フィンランドを代表する国民的食品メーカー。カカオ農家に対する支援などSDGsにも積極的に取り組むエシカルな北欧企業で、チョコレートをはじめとする多くのお菓子をラインアップするフィンランドの菓子文化を語るには欠かせないブランド。味の決め手となる原料カカオにこだわり、フェアトレード、レインフォレストなどの認証を受けたカカオと独自基準に沿って栽培農家から直接調達した質の高いカカオのみを厳選して使用し、独自の味わいを生み出し、世界中にファッツェルのチョコレートのファンを増やしている。

代表商品の「カール・ファッツェル」ブランドのチョコレートは、原材料に使用した生乳のコクを感じられる味わいが特徴。「ゲイシャ」ブランドのチョコレートは、ヘーゼルナッツのプラリネをコーティングしたミルクチョコレートバーで、日本をイメージしたピンク色のパッケージが目を引く製品。

三井食品は20年春から、ファッツェル社のチョコレート製品の輸入販売を開始。今回提供するディスプレイ什器には、100%トレースの取れるココア原料を使用している証として、ファッツェル独自の「100%RESPONSIBLE COCOA」のロゴマークを記した。什器は紙製で、チョコレートバータイプ製品最大60本が陳列可能。サイズは幅127㎜、高さ140㎜(パネル取付時190㎜)、奥行245㎜。