「お~いお茶」桜の植樹と保全に貢献 お花見気分の新パッケージで寄付活動 伊藤園

伊藤園は、「お~いお茶」の売上げの一部を全国47都道府県各地での桜の植樹・保全活動に寄付する「わたしの街の未来の桜プロジェクト」を開始する。

「お~いお茶」が19年2月に発売30周年を迎えたことを記念して開始された同プロジェクト(同年4月開始)は、日本の春の象徴として古来より愛されてきた桜を未来につなぎ、咲かせ続けたいという願いを込め、公益財団法人日本さくらの会と協働した寄付活動となる。昨年12月には同プロジェクトの活動が評価され、「令和2年度さくら功労者」として同会より表彰された。

今年で3年目の同プロジェクトでは、「お~いお茶」の“お花見パッケージ”と“花咲くパッケージ”の売上げの一部を全国47都道府県各地での桜の植樹・保全活動に対して順次寄付する。

今回のパッケージデザインには「コロナ禍でお花見も難しいと思いますが、桜満開の『お~いお茶』で日本の四季を楽しんでいただければと思います」(伊藤園)との思いが込められている。

“お花見パッケージ”と“花咲くパッケージ”(お~いお茶)
“お花見パッケージ”と“花咲くパッケージ”(お~いお茶)

“お花見パッケージ”には裏面にQRコードを記載し、これを読み込むと「さくら名所100選」などの動画コンテンツが楽しめる。

“お花見パッケージ”の対象商品は「お~いお茶 緑茶」「同 ほうじ茶」「同 炒りたて玄米茶」の600㎖PETと525㎖PETで、1月25日に発売された。

一方、“花咲くパッケージ”は「お~いお茶 緑茶」525㎖PETのみで2月22日から数量限定発売される。