バレンタイン 非接触と自家需要に商機 ネットで1粒から販売 会わずに贈れる投函型も

バレンタインデーまで1か月を切り、バレンタイン商戦が本格化している。今年のバレンタインは新型コロナウイルス感染症拡大により在宅勤務や自宅で過ごす時間が増えることで、例年以上に自分へのご褒美や家族で“おうち時間”を楽しむニーズが拡大すると予想される。

販売チャネルでは、非接触ニーズの高まりを受けてEC強化の動きが各所で見られる。イオンリテールはオンラインショッピングサイトでの商品提案を強化。「おうちでイオン イオンショップ」ではバレンタイン特設サイトを開設し、約200品目をラインアップしている。

品揃えでも非接触ニーズを意識し、手を触れずに食べられて家族や友人にも安心して分け合える個包装タイプを強化している。

イトーヨーカ堂は、外出を控える傾向を受けて、ネット通販で前年比1.5倍となる過去最大の800アイテムを品揃えし、昨年の2倍の販売を計画。また、グループのセブン&アイのネットショッピングサイト「オムニ7」では、前年より約1か月早い20年11月から先行予約を受け付けている。

イオン限定商品の一例。「クープ・デュ・モンド」の初代チャンピオンであるフランス出身のミカエル・アズーズ氏監修の個包装タイプの本格ショコラ
イオン限定商品の一例。「クープ・デュ・モンド」の初代チャンピオンであるフランス出身のミカエル・アズーズ氏監修の個包装タイプの本格ショコラ

西武池袋本店もネット販売を拡充し、前年比15%増の売上げを目標にする。人気ブランドの名物販売員によるライブ配信も行っている。

ニューノーマル時代のバレンタインの新たな楽しみ方として、気になるブランドや味のチョコを1粒ずつネットで購入ができる「お試しショコラオンライン」を初企画したのは髙島屋。非接触ニーズへの対応として、箱に切手を貼ってそのままポストに投函するだけで“会わずに贈れる”ポスト投函型のチョコレートギフトを用意している。

松屋も今年初めてECサイトでの販売を開始した。EC限定で「バレンタイン配送BOX」も展開し、バイヤーが個包装商品を中心にセレクトした1人でも数人でも楽しめる商品を取り揃えている。