不二製油グループ本社 新社長に酒井取締役 清水氏は特別顧問に

不二製油グループ本社は、4月1日付で酒井幹夫取締役の社長就任を決めた。清水洋史社長は取締役相談役となり、6月下旬の総会で退任、特別顧問に就任予定。

トップ交代の理由は、新しいリーダーシップのもと、グループの持続的な成長と企業価値向上をより一層推進するため。社外取締役を中心に構成する指名・報酬諮問委員会で討議を重ね、同委員会の答申を受け、22日の取締役会で決議した。

新社長の酒井氏は1959年生まれの61歳。慶応大学商学部卒、83年入社。ソヤファーム販売部長、食品機能剤販売部長、不二富吉(北京)科技有限公司董事長、不二製油(張家港)有限公司董事長、FUJI VEGETABLE OIL INC.社長を経て、2015年取締役、16年取締役常務執行役員最高経営戦略責任者(CSO)を歴任。19年からグループ化した米国ブラマーチョコレートカンパニー会長を務めてきた。