「ポカリスエット」からラベルレス商品 大塚製薬

大塚製薬は18日、「ポカリスエット」(300㎖)と「ポカリスエット イオンウォーター」(300㎖)のラベルレス商品を、同社公式通販サイトをはじめとするECチャネルで販売開始した。

ラベルレス商品とは、ペットボトル(PET)に貼付しているプラスチックラベルをなくして、廃棄物量削減による環境負荷の低減とラベルを剥がす手間を省き使いやすくした商品のことで、ラベルに記載している原材料名などの一括表示は外装の段ボール(ケース)に記載する必要があるため、ケース単位のみで販売されている。

「ポカリスエット」と「ポカリスエット イオンウォーター」も1ケース(24本)単位での販売となる。販売価格はともに税別2592円。

19年10月に「ポカリスエット イオンウォーター ラベルレスボトル300㎖」で行ったテスト販売で「ラベルを剥がす手間が省け環境にも優しい」などの声が寄せられたほか、生活者のリサイクル行動の簡便化に関しても一定の評価が得られ、ラベルレスボトルに対する需要を確認できたことから、新たに「ポカリスエット」を加えて通年販売に至ったという。