浅漬ブランドを刷新 植物性インキに切り替え ピックルスコーポレーション

ピックルスコーポレーションはこのほど、浅漬製品のブランドを「野菜の元気をお届け」としてリニューアルし、今月から新デザインにて順次発売する。

16年に発売開始した浅漬ブランド「ピックルス 忙しい人の野菜」では、漬物の伝統や品格を意識したブランディングに取り組んできた。今回、コーポレートスローガンである「野菜の元気をお届けします」をより多くの人に伝えるためブランドを刷新。野菜の漬物から得られる健康力や味わいを、新ブランドを通じて発信する。

一新したデザインでは安全安心な品質をアピール。野菜の鮮度感や季節感が伝わるような親しみやすさを目指した。商品名を太く視認性の高い書体にすることで、店頭で手に取りやすいデザインとなっている。

バイオマスマーク
バイオマスマーク

また、包装パッケージに使用しているインキを植物性のバイオマスインキへ順次切り替える。従来の油性グラビアインクよりCO2の発生量が約10~20%削減される。パッケージ裏面にバイオマスマークを表示。持続可能な環境・社会の実現に向けて取り組んでいく。