コロナ禍で需要増えるか?恵方巻の予約受付始まる 中部食品スーパー

アピタ・ピアゴでは、全商品で愛知県犬山市の「犬山成田山」で開運成就を祈祷した海苔を使用し、縁起を担いだ巻き寿司を展開する。1月27日までの予約で特別価格にて提供する。

「開運!アピタン海鮮巻寿司」(1千580円)は、新キャラクター・アピタンがデザインされた海苔で巻いた子供や女性でも食べやすいハーフサイズの巻き寿司6本セット。予約限定で、特典はアピタンのお面をプレゼントする。

「大名太巻」(1本1千580円、予約特価1千500円)は、マグロ、イカ、サーモン、ネギトロ、エビなど13種類の具材を使用したボリューム満点の極太サイズの巻寿司。

マックスバリュ東海では、これまで推進してきた「じもの(地域商品)」「ちゃんとごはん」にスポットを当てた恵方巻などを提供する。

「招福 贅沢太巻」(1本1千900円、ハーフ950円)は、静岡県水揚げまぐろ、ねぎとろ、伊豆天城産茎わさびのほか13種を贅沢に巻いた1品。

「たっぷり野菜のサラダ太巻」(1本931円、ハーフ473円)は健康的な食生活を推進する「ちゃんとごはん」の一環として管理栄養士が監修。1本で1日に必要な野菜摂取目標量の3分の1が摂取できる。

ヤマナカでは、海鮮を中心に、家族で楽しめるハーフ3本セット、ハーフ5本セットをはじめ、予約限定プレミアム商品なども並べる。フランテでは香住ガニ、活〆焼き穴子など豪華さが際立った商品も揃えた。

「15品目のにぎわい海鮮巻寿司」(1本・1千480円、予約価格1千380円、ハーフ・798円、予約価格750円)は、生まぐろ、天然赤海老、サーモン、とび子など15種の素材をふんだんに使用した。

予約限定の「香住ガニたっぷりの招福巻寿司」(1本2千980円、ハーフサイズ1千580円)は、香住漁港で採れた紅ズワイ「香住ガニ」をふんだんに使用した見た目も豪華な太巻に仕上げた。