J-オイルミルズ 家庭用調理油を拡充 「さらさらキャノーラ油 軽やか仕立て」「ユーロリーブ ライト」

J-オイルミルズは5日、21年春季家庭用油脂新商品を発表した。家庭内での調理機会増加を受けて、クッキングオイルの新商品「AJINOMOTOさらさらキャノーラ油軽やか仕立て」を発売するほか、オリーブオイル、ごま油、風味油の各カテゴリーで新商品・リニューアル品を投入する。

「AJINOMOTOさらさらキャノーラ油 軽やか仕立て」(900gエコボトル)は従来のキャノーラ油と比べて、さらっと軽い風味が特徴。飲食店や中食などプロユーザー向けで実績のある同社独自の酸化抑制技術(特許製法)で酸化を抑制し、繰り返し使っても、多くの量の揚げ物を調理してもおいしさが持続できるという。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で家庭内での調理機会が増加しており、「食MAP」データ「食用油使用メニュー1日1000世帯あたりの出現回数(調理形態別)」(20年5月~7月29日)によると、「揚げもの」調理は前年比23.7%増と伸長。「炒める・焼く」(14.4%増)、「かける・つける・あえる」(21.9%増)、「煮る・鍋」(21.3%増)を押さえて「揚げもの」が最も伸長しており、家庭内での「揚げもの」調理が増加傾向にあるという。

また、同社の調査では、食用油(ごま油・オリーブオイルを除く)を購入する際に重視するポイントとして、62%の人が「風味が軽いこと」を「重視する」と回答しており、さらっと軽い風味の食用油へのニーズが高まっているという。

「ユーロリーブ ライト」(J-オイルミルズ)
「ユーロリーブ ライト」(J-オイルミルズ)

オリーブオイルでは、エクストラバージンオリーブオイルをブレンドしたクッキングオイル「AJINOMOTO Eurolive」(ユーロリーブ)シリーズから、あっさりとした軽い風味とやさしい香りが特徴の新商品「AJINOMOTO EuroliveLight」(ユーロリーブ ライト)910gを発売する。

家庭内で日々の料理に使用する油において、「風味」「仕上がり」「ヘルシー感」などにこだわり、ベーシックなタイプから付加価値の高いタイプに切り替える生活者が増えており、「今後もこの傾向が続くと考えられる」(同社)。

こうした中で、オリーブオイルブレンド油の「ユーロリーブ」シリーズにおいても、揚げものや炒めもの、和食など定番の家庭料理に幅広く使える、あっさりとした軽い風味とやさしい香りが特徴の「ユーロリーブ ライト」を追加する。

いずれも2月下旬から全国発売。同社では「生活者の実態と嗜好性にあった新たな価値を提供する商品提案を通じて、豊かな食卓づくりと食用油脂の市場活性化に取り組む」とした。