業界リーダーアンケート 先行き不透明な一年、対応策は

新型コロナ抜きには語れない2020年が過ぎ、迎えた2021年もその影響力は当面緩みそうにない。果たしていつ終息するのか、オリンピック開催はどうなるのか、先行きが読めない時代は今に始まったことではないが、これほどまでに不透明感の強い年明けを迎えたことは近年あっただろうか。こうした中で、今年も業界リーダーアンケートを実施。多種多様な業態の企業トップから寄せられた回答は昨年を上回り、ちょうど100件に達した。

今年の景況感 半数が「見通せない」 カギは五輪とワクチン

例年と同じく、最初の質問では「今年の景況感」を尋ねた。選択肢は「良くなる」「悪くなる」「現状維持」「見通せない」。昨年までと大きく異なるのは「見通せない」との回答が48%と約半分を占めたことだ。その一方、これまでほぼ毎年、半数に達していた「現状維持」は今回23%まで減った。「良くなる」(11%)と「悪くなる」(18%)は昨年とほぼ同じ割合であった。

冒頭で述べた通り、コロナ禍でますます先行きが見えない現状を表した結果だと言える。「今まで経験したことのない状況で、見通しを立てられるだけの根拠が見当たらない」「GoTo施策や消費マインドに左右される部分が大きく、見通せない」と不透明感の強い現状を指摘する声が多かった。

また、「延期されたオリンピックが開催されれば、人の流れの再開、購買意欲の高まりが期待できる」「ワクチンなどでウイルスへ対応できれば、一気に改善する可能性がある」など、五輪の開催とワクチン接種の行方をカギとする回答も目立った。

昨年は「良くなる」が「悪くなる」より4ポイント低かったが、今年はその差が7ポイントに広がった。「良くなる」の理由は「後半にはコロナ以前の状況まで回復する可能性がある」「外食業界や小売業界の省力化、生産性向上のため設備投資が積極的になると考えられる」「家庭料理をいかに楽しむかという新しい需要も予感され、工夫を凝らした商品開発が進むのでは」と新たな投資や需要を見込んだ声、「ここまで下がったので今年は上がると考えたい」という期待も見られた。

「悪くなる」の理由は「外食業界は引き続き厳しいだろう」「営業をやめる商店が増える」と外食業態などの低迷が続くとの予測、それに伴う雇用環境の悪化が挙がった。「雇用動向が見通せず、購買金額がシビアになると思われる」「コロナの長期化による節約志向の高まりは懸念事項」など雇用不安が結果として消費に影響するというものだ。

「現状維持」では「カテゴリーによる凸凹はあるが、この消費動向の変化は傾向として当面持続する」「内食志向が当分続き、拡大した調味料や加工食品の市場規模はある程度維持される」など、コロナによって変化した消費動向が今年も続くという見方が多い。ほかに「五輪開催と経済的な打撃の相殺により現状維持」「市場動向は不確実だが、業界全体で行動変化に応じた需要喚起策に取り組んでおり、現状維持が続くと考える」という意見があった。

新型コロナによる市場変化の影響 「大いにあった」8割 「影響なし」はゼロ

新型コロナにより、食品の消費動向は大きく変化した。一言で済ますなら、外から内へのシフトという点に集約されるのだろうが、需要の急増で製造が追いつかなくなった商品もあれば、飲食業や観光業の低迷で行き場を失った食材も少なくなかった。

こうした市場変化の影響が「大いにあった」という回答が8割を占め、残りの2割は「多少あった」。「全くない」という答えはゼロだった。影響度合いやその内容は業態や商品カテゴリーによってさまざまだ。業態ごとにコメントをピックアップした(「大いにあった」「多少あった」を含む)。

〈主なコメント〉

【メーカー】

▽家庭用商品の急激な拡大はあったが、外食関連が苦戦し販売数量は前年を下回った(製粉)。

▽内食・中食需要は堅調に推移したものの、外食産業や都市部のコンビニの需要低迷が大きく影響(畜肉)。

▽体験型施設や試飲の中止で店頭販売が打撃。外出規制で容量の多い商品の需要が一時的に増えた(製茶)。

▽一部原材料の供給がひっ迫し主要製品を一時的に休売したため、業績に大きな影響があった(調味料)。

▽減少トレンドにあった袋麺の需要が一転し、高止まりしている。簡便性や価格が再評価された(即製麺)。

▽国内外の人の往来が減り、土産物などの菓子類、外食をはじめとした業務用全般が減少した(製糖)。

▽コロナの長期化で節約志向が購買行動に表れ、価格競争が激化してきた(惣菜)。

▽ダイエットや健康全般に関する消費が増えた一方、減少したカテゴリーや経済活動の縮小で販売が停滞したチャネルもあった(健康食品)。

▽家庭用はアレンジしやすい商品、簡便性の高い商品などが伸長。業務用は外食を中心に大きな影響を受けたが、一部で厨房の人数制限により冷食が採用されるなど新たな動向があった(冷食)。

▽店内の滞在時間が少ないことで新商品の購入が減った(菓子)。

▽テイクアウトやデリバリーといった外食産業の変化に伴い、セルフ化・省人化の動きが加速し新たな需要が生まれている(機械)。

【流通】

▽セグメントによりコロナ禍が順風にも逆風にもなり、まだら模様だった(食品卸)。

▽3~5月はメーカーの出荷制限や欠品の影響が大きく、十分な供給ができなかった(食品卸)。

▽生鮮や簡便商品が拡大し、ネットスーパーや移動販売などリアル店舗以外の需要が高まった(スーパー)。

▽今まで経験のない市場環境の中、想定外のプラス・マイナスがあった。売上面だけでなく、顧客の要望や業務のオペレーション等いろいろな面で新たな対応を迫られている(スーパー)。

▽自宅調理の機会が増えコンビニが得意とする中食の需要が落ちた。一方、近くの店舗で安心して買い物をしたいというニーズにより生鮮や日配品、冷食などの需要が高まった(コンビニ)。