食を「明日のチカラ」に ハウス食品が企業CMでエール

ハウス食品グループ本社は25日から、新TVCM「食のチカラを明日のチカラに」の放映を開始した。「明日の元気につながる食のチカラ」をテーマに、カレーを通じ企業広告としてグループの思いとエールを届ける。

同グループは、家庭内食だけでなく外食や業務用事業からも「食を通じてお客様の幸せに役立つ」ことを目指しており、「今日食べたものがチカラとなり、明日の元気につながってほしい」と考えている。

CMでは、先の見えないコロナ禍の環境下でも変わらないハウス食品グループの思いを、「食のチカラを明日のチカラに」というメッセージとともに、カレーを通じエールとして届ける。

ハウス食品グループ本社 TVCM 食のチカラを明日のチカラに

CMは、家庭内食と外食のそれぞれで、カレーを通じた作り手からのエールと、それを受け取りカレーをおいしく食べる姿を描いたもの。外食でカレーを食べる場面は、同グループの企業CMとしては初めてグループ傘下の「カレーハウスCoCo壱番屋」実店舗で撮影された。