スタバ、お家で過ごす年末年始のコーヒータイムを提案

12杯分飲める「コーヒートラベラー」もデリバリーで

スターバックス コーヒー ジャパンは、全国650以上の店舗でUberEatsなどと提携しデリバリーサービス「スターバックスデリバーズ」を展開している。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響で、この冬は帰省せずに一人で年越しする人や、例年よりも少人数で過ごす人が多いことを受け、同社ではお家で過ごす年末年始のコーヒータイムに好適なものとして、デリバリーサービス事業担当者のこの冬の推奨メニュー4選を提案している。

推奨メニュー4選は次の通り。「3つ並べていつもより豪華に自分へのご褒美メニュー」「離れて過ごす大切なあのひとに贈る老若男女が嬉しいメニュー」「小グループのコーヒーブレイクに みんなで楽しめるメニュー」「ごちそうを食べすぎたあとの気持ちリセットメニュー」。

「3つ並べていつもより豪華に自分へのご褒美メニュー」はデリバリー人気第1位の「スターバックス ラテ(HOT)トールサイズ」と合わせて2位の「ハム&マリボーチーズ石窯フィローネ」と「宇治抹茶シフォンケーキ」(デリバリー販売初)を並べた提案。

「離れて過ごす大切なあのひとに贈る老若男女が嬉しいメニュー」は、一杯抽出型のレギュラーコーヒー「スターバックスオリガミスターバックスライトノートブレンド」と「アメリカンワッフル」の組み合わせ。

「小グループのコーヒーブレイクに みんなで楽しめるメニュー」は、いれたてのドリップコーヒー約12杯分(ショートサイズ換算)が楽しめるコーヒートラベラーとキャラメルワッフル4枚をセットしたものとなる。

「ごちそうを食べすぎたあとの気持ちリセットメニュー」は、ライトなドリンクとフードの組み合わせで「アイス ゆずシトラス&ティー」と「ヨーグルト&バナナグラノーラ」の組み合わせは、ショートサイズの場合287kcalとカロリー控えめに。

デリバリーサービス事業担当の大森安希子氏(スターバックスコーヒージャパン)
デリバリーサービス事業担当の大森安希子氏(スターバックスコーヒージャパン)

デリバリーサービス事業担当の大森安希子さんは「季節のコーヒーとの相性を考え抜いたデザートとのペアリングセットやクイックに頼めるおすすめのミールセットも用意し、ドリンクも店舗同様、カスタマイズにも対応している」と説明する。

「スターバックス デリバーズ」では、本格的なスターバックス体験を提供するために、取扱商品を増やし「スターバックスラテ」や一部の「フラペチーノ」などのドリンク、サンドイッチやスコーンなどのフードに加えて「スターバックスヴィア」などの家庭向けのコーヒーや紅茶類まで約90点のデリバリーが可能になっている。