カゴメ「基本のトマトソース」10万人配布 クリスマス、年末へ需要を喚起

カゴメは、クリスマスや年末に向けて、自宅でも手軽に美味しく作れるトマトメニューを提案し、同社商品の「基本のトマトソース」の需要を喚起する。
コロナ禍で手作りニーズが高まる中で、「ミートソース」の提案を重点的に実施。子どもでもおいしく野菜が摂れる、作り置きできる、いろんなメニューにリメイクできることなどを訴求し、一般的なトマト缶よりも、失敗なく簡単に家でもプロの味が再現できることを提案。トマトメニューの悩みごとである「味決めが難しい、下ごしらえが難しい、時間がかかる」への解決策として、「基本のトマトソース」を活用することで失敗なく美味しいトマトメニューが仕上がることを訴求し、顧客獲得を図る。

外出自粛の影響で内食機会が増加しており、直近も高止まりしている中で、料理を手作りする人が増え、外出自粛の長期化により、「手間はかけずに美味しい料理を作りたい」というニーズが高まっている。これらを背景に、同社の家庭用のトマト調味料(トマトケチャップ、トマトソース、パスタソースなど)は、前年比二ケタ増で推移している。ただし、リピート率は約50%と高いものの、購入率の拡大が最重点課題だった。

「基本のトマトソース」のパンフレット
「基本のトマトソース」のパンフレット

主な施策は「基本のトマトソース」を来年1月にリニューアルし、自宅でも手軽に美味しいトマトメニューが食べたいニーズに対応。料理教室や幼稚園を通じて、計10万人にリニューアルした「基本のトマトソース」を12月25日までサンプリングする。サンプリング内容は、「基本のトマトソース」の試供品(150g)+レシピを掲載したリーフレットのセットとなる。

リニューアル商品(295g缶、店頭想定価格は税抜き185円)は、玉ねぎを15%増量し、玉ねぎとにんにくの焙焼度を高め、香辛料のバランスにより風味をさらに引き上げた。サンプリング先はABCクッキングスタジオ主催の料理教室への参加者(全国6万1千人)、幼稚園(全国100か所、1万8千人)。