成長期応援飲料「セノビック」刷新 カルシウム・ビタミンD・鉄を増量 ロート製薬

ロート製薬は成長期応援飲料「セノビック」の通販品を10月29日に刷新し、定番品の商品名を「セノビック Plus」へと改めて販売している。栄養を強化し、1日当たりの摂取目安量においてカルシウム、ビタミンD、鉄の配合量をアップ。これにより、牛乳1日2杯目安の処方から1日1杯目安の処方に変更した。

1日推奨量に占める割合で比べると「旧処方では1日2杯でカルシウム38%(牛乳込み88%)、ビタミンD51%(牛乳込み67%)、鉄88%(牛乳込み89%)だったのが、リニューアル品は1日1杯でカルシウム75%(牛乳込み100%)、ビタミンD63%(牛乳込み72%)、鉄88%(牛乳込み89%)の栄養を補えるように刷新した」(ロート製薬)。

アイテム別では、リニューアルを機に「ポタージュ味」をなくなり次第販売終了にする一方、「セノビック」定番品入れ替え総選挙で投票が多かった「カフェオレ味」を定番化した。

今後の取り組みについては「成長期のお子さまの栄養サポートをコンセプトに今後もお客さまの声を聞き、引き続き商品開発&改良を続けていく。来春には店頭品のリニューアルも予定している」とする。

「セノビック」は07年に発売開始され今年8月に累計販売数1千700万個を突破。累計購入者数は85万人に及ぶ。

牽引役は「セノビック Plus ミルクココア味」で、売上げの7割を占める。次いで「同 いちごミルク味」「同 ヨーグルト味」「同 バナナ味」の順で売れ筋となっている。

販売チャネルは、自社通販と一部ECモールでの通販品の販売に加えてドラッグストアで店頭品を販売している。