秋本食品 定番おせち「なます」 年末限定の大容量白菜漬も

浅漬大手の秋本食品は12月1日から同月末まで「なます」を発売。おせち料理に欠かせない定番品を年末限定で販売し、年末の漬物売場を盛り上げる。また、漬物市場で顕在化している大容量ニーズに応え、年末限定で大容量の白菜漬を投入する。

「なます」には新鮮な国産の青首大根とにんじんを使用。大根のシャキシャキとした食感をそのままに、さっぱりとした食べやすい味にした。3種類の酢を使用し、まろやかな酸味に仕上げた。内容量は250g、300gの2種類を用意。年末を彩るパッケージで売場を華やかに演出する。

また、今年9月に新発売した「ゆずなます」(220g)は来年1月末まで発売する。国産のゆず皮とゆず果汁を使用した、まろやかな酸味が特徴。大根とにんじんの食感が楽しめるようにカット方法にこだわった。おせち料理や箸休めにも最適。鮮やかな赤色と、ゆずのシズル感があるパッケージで、売場に季節感を演出する。

さらに、12月1日から同月末まで「浅漬白菜(増量)」(250g+100g)を、12月21日から同月末まで「徳用白菜漬」(500g)、「ゆず白菜」(400g)、「松前風白菜」(400g)を発売する。

人の集まる年末の食卓に最適な内容量とした。白菜が株のまま入っているので、好みの大きさに切って楽しめる。パッケージに白菜の写真を使用し、シズル感を強調。コロナ禍により内食化が進んだ今年、漬物市場では大容量商品が好調に推移している。