認知低下リスク低減にたんぱく質を 朝食にコンンソメスープなど提案 味の素

味の素は、認知機能低下リスク低減に向けてたんぱく質の摂取が効果的と指摘。そこで朝食レシピとして「鶏だんごと野菜のミルクコンソメスープ」などを提案している。「年齢を重ねるごとにたんぱく質摂取量が不足」「1日3食、たんぱく質をバランスよく摂取しよう」と指摘する同社は、簡単に朝食でたんぱく質を摂取できるレシピを訴求している。

高齢化が進む日本は認知症患者が年々増加。厚生労働省のデータによると2012年における認知症患者は462万人で2040年には約2倍の953万人となり、その20年後には1千154万人になると予測され、さらにコロナ禍の活動制限によるコミュニケーション不足や運動不足なども原因となり認知機能の低下が懸念されている。

多くの研究者が、たんぱく質を多く摂取している人は認知機能低下のリスクが低いと指摘。赤血球数・HDLコレステロール値・血清アルブミン値の三つの指標が、認知機能低下と強く関係しており、たんぱく質の摂取量が不足するとアルブミン値も低下することが知られていると言う。また、さまざまな食材を食べている人ほど、認知機能低下のリスクが抑えられるとも言われており、たんぱく質や脂質、ビタミン類などのさまざまな栄養素の摂取量が多いほど、栄養が脳の機能維持によい効果をもたらすと考えられている。