即席麺 上期は量・額とも2ケタ増 巣ごもり需要激増の袋麺が牽引

新型コロナの巣ごもり消費を受け、今上期(4-9月)の即席麺総需要は、数量ベースが前年比13.2%増(30億446万9千食)、金額(出荷額)ベース12.4%増(3千140億9千300万円)と量額とも二ケタ増となった。

総需要の内訳は、袋麺が数量ベース32.3%増(10億4千877万5千食)、金額ベース35.6%増(796億5千500万円)、カップ麺が数量ベース5.1%増(19億5千569万4千食)、金額ベース6.3%増(2千344億3千700万円)。

袋麺が伸長著しいが、小中高校の休校、在宅勤務の増加などによる昼食需要の増加等を受け、保存性、バリューフォーマネーに勝る袋麺の再評価が進んだことによるもの。