飲料容器をベトベターに食べさせよう! リサイクル促進へ新発想 異業種交流で実現

1996年に誕生したポケモン創成期の151キャラクターの一つであるベトベター。このほど、このベトベターに、飲み終わったペットボトル(PET)・缶・瓶の飲料容器を“食べさせる”ようにして投入口に入れるリサイクルボックスが考案された。その名は「はらぺこベトベター」。

株式会社ポケモン、日本IBM、日本コカ・コーラの有志社員らが、社会的な関心が高まるプラスチックごみ問題をクリエイティブな方法で解決することを目的に、飲料容器リサイクル促進プロジェクト「ベトベターの満腹大作戦」を立ち上げ約1年かけて「はらぺこベトベター」を共同で構想・制作した。

「はらぺこベトベター」は、PETや缶の飲料容器が大好物で食べさせてあげると喜んで鳴き声を出す設定で、IBMの技術によって容器の種類によって反応が変わるようになっている。

IBMの技術は、IoTとAIを組み合わせたものとなる。まず「はらぺこベトべター」の口の中に組み込まれたカメラが対象物を撮影。次にIBMのクラウドに画像をアップロードしWatson(AI)が画像を認識。その認識結果を「はらぺこベトベター」にフィードバックし、認識結果をもとに食べたものを鳴き声で伝える仕組みになっている。

「ペットベタゥ~(PET)」「タン!(缶)」「ベン!(瓶)」といった具合に声を発する。

AIは事前に飲料容器の違いを学習し、一般ゴミや飲み残し、コンビニやカフェチェーンのプラスチックカップなどは「食べられないもの」としている。

これにより「飲み終わった飲料容器は、一般ゴミなどと混ぜられることなくきれいな状態で回収されればリサイクルにつながる」といった事実を多くの人に知らしめる。これが満腹大作戦の骨子となる。

認識結果はWebサイトにもフィードバックされ、投函された飲料容器回収の集計データも参照できるようになっている。

満腹大作戦の旗振り役は以下の3人。昨年、とあるイベントで同じ席についたことがきっかけで異業種交流へと発展したという。

(左から)内藤剛史氏(株式会社ポケモン)、白石歩氏(日本IBMシステムズ・エンジニアリング(ISE))、柴本健太郎氏(日本コカ・コーラ)
(左から)内藤剛史氏(株式会社ポケモン)、白石歩氏(日本IBMシステムズ・エンジニアリング(ISE))、柴本健太郎氏(日本コカ・コーラ)

▽株式会社ポケモン統括本部プレイヤーリレーション部の内藤剛史氏▽日本IBMシステムズ・エンジニアリング(ISE)の白石歩氏▽日本コカ・コーラの柴本健太郎技術本部QSE環境サステナビリティガバナンスマネージャー。

異業種交流は、株式会社ポケモンが実施したワークショップで「IoTを活用して街をキレイにするベトベター」というアイデアコンセプトをISEの白石氏が発案したことで始動した。このアイデアを日本コカの柴本氏が2人の了承のもとザ・コカコーラカンパニー(米国本社)が主催する社内ハッカソンイベントに応募。11月に3社計19人の有志社員からなる共同プロジェクトがスタートした。

プロジェクトの趣旨について、日本コカの柴本氏は「異業種の方に飲料容器のリサイクルの仕組みやリサイクルボックスの役割を知ってもらうことに価値がある。突拍子もない発想はなかなか同業からは生まれてこない。これからも交流を続けていきたい」と語った。