チーズ 需要右肩上がりで拡大 調達と供給には不安も 連載・アンダーコロナキッチン第1章「食糧供給」〈3〉

過去10年間の国内チーズ総消費量と国産ナチュラルチーズの生産量推移

存在感のある名脇役、時には主役としてなくてはならない存在となったチーズ。2019年度(19年4月~20年3月/農水省まとめ)の国内総消費量は前年比1.5%増の35万8千229tとなり過去最高を更新する一方、国産ナチュラルチーズ(以下、NC)生産量は前年比2.2%減の4万4千396tと対照的な動きを示した。

グラフは過去10年間の国内チーズ総消費量と国産NCの生産量推移。消費量が右肩上がりで推移しているのに対し、国産NCの生産量は減少傾向が続く。19年度の国内チーズ総消費量の種別内訳は、NCが3.5%増の21万7千718t、家庭でもお馴染みのスライス、ベビー、6Pといったプロセスチーズ(以下、PC)は1.5%減の14万511t。NCは輸入総量が2.6%増の28万6千938t。うち、PC原料用0.4%増、PC原料用以外(直接消費用、業務用、その他原料用)3.8%増となっている。

これに対し、国産NC生産量はPC原料用7%減、PC原料用以外1.9%増。小規模生産者によるNCは増加傾向にあるものの、PC原料用は減少しており、国産比率も前年比1.1ポイント減(17.1%)。チーズ総消費量(NCベース)に占める国産の割合も0.5ポイント減(13.1%)と国産比率は低下の一途をたどっているのが実情。

チーズは、生乳から作られるNC(カマンベール、モッツァレラ、パルメザン等)と、NCを加工(加熱、溶解、混合)し、保存性を高めたPCに大別されるが、日本の家庭用で消費されるチーズは現在のところPCが圧倒的。PCの原料用のNCは、ほとんどをオセアニア(オーストラリア、ニュージーランド)を中心とする輸入チーズに依存している。このため、干ばつ等々による相場変動の影響を受け続けており、過去、製品価格の乱高下も経験済み。相場上昇に留まればまだしも、何らかの理由で輸入がストップした場合、国内の市場への影響は甚大だ。

今回の新型コロナで懸念されたのが貿易と物流。「新型コロナが世界的に流行し、ロックダウンが長期化した場合、(チーズの)船積みができなくなる可能性がある。コンテナが行ったきり戻ってこない地域が出てくると、物流が回らなくなる」(商社筋)というもの。生産は順調でも物流が止まることで国内需給に影響が出る可能性もある。

一方、構造的な脅威が、世界的なチーズの需給動向。主要産地で干ばつが発生すれば、供給がひっ迫する事態となる。今後の新型コロナの影響はもちろんだが、世界的な気候変動問題なども含め、チーズを取り巻く環境は楽観視できない。その意味でも、チーズの原料となる国産生乳の増産、国産NCの生産振興などの取り組み強化が求められる。

新型コロナでは、家庭用、宅配需要などが増加する一方、外食や土産物需要は激減するといった国内市場の変動があったものの、チーズの原料となる生乳生産(酪農)への影響は世界的にもほとんど出ていない。世界の生乳生産についても「気候的なトラブルがなければ(生乳の)物量は潤沢に出てくるものと考えている」(商社筋)との見通し。

一方、世界的な食の欧風化に伴うチーズの需給動向は不透明で、将来的なチーズ争奪戦も十分想定される。今後の国内チーズ市場の成長に向けては、生乳を含めた国内生産体制の強化に加え、新規調達先の開拓など、NCの安定確保に向けた取り組みが重要だ。