「糖質ゼロ調味料」に医療従事者から高い評価 キング醸造

キング醸造(兵庫県稲美町)の調味料「日の出糖質ゼロシリーズ」が医療機関で高い評価を得ている。同社が医療従事者245人を対象に行った調査では、96%が「日の出 甘みとコクの糖質ゼロ」をすすめたいと回答した。同社は糖質ゼロ・糖質オフシリーズの商品を拡充、売上げも順調に拡大している。

食事の糖質制限において、主食である炭水化物は食べる量が目に見えるため制限しやすいが、みりんや料理酒、ケチャップなど調味料の糖質は盲点となりやすい。また、使用する調味料を量り、糖質を計算するのは手間がかかるため、糖質ゼロの調味料が重宝されている。

同社は17年に糖質ゼロの「日の出 料理清酒 糖質ゼロ」を発売。好評を得たが同時に「糖質ゼロのみりん」を求める声も多く届いた。甘さが特徴のみりんで糖質ゼロを実現するのは困難だったが、翌18年にはみりんと同様に使える調味料「甘みとコクの糖質ゼロ」を発売、それまで週に数件だった自社通販サイトに毎日注文が入り、一時販売が間に合わない状態になるなど反響が大きかった。

昨年秋には調味酢「便利なお酢糖質ゼロ」を新発売しており、他に糖質オフの商品として「糖質オフ・減塩だしぽんず」「糖質オフ・減塩ゆずぽんず」「MCT和風ドレッシング」も展開している。