ニューノーマル時代の次世代容器 缶に日本酒充填、酒蔵向けに機材を無償レンタルも 東洋製罐GHD

情報化社会へスマートパッケージ提案

東洋製罐グループホールディングスの大塚一男社長は10日、本社で決算発表に臨み、コロナ禍で生活の変化を余儀なくされるニューノーマル時代の容器のあり方について、「スマートパッケージの時代が到来すると考えている」と語った。スマートパッケージとは、サービスや情報と結びついたもので、その好例として少量で機能的な日本酒缶を利用したい酒蔵・飲食店向けに展開している移動式日本酒充填サービス「詰太郎」を挙げる。

同サービスは、缶の充填設備がなくても4tトラックで充填機を酒蔵まで運んで設置して無償レンタルするもので「設備投資が困難な地方の酒蔵さまに『詰太郎』を展開したところ、ご好評をいただいている。中でもパッケージをアプリで見ると、酒蔵さまのCMが出てくるという今の時代に即した取り組みが好評で、情報化社会をパッケージとどう結びつけていくかが今後の方向性ではないかと考えている」と説明した。

容器形態では、紙容器のニーズの高まりや脱プラスチックの機運がコロナ禍で加速している点を指摘した。

移動式日本酒充填サービス「詰太郎」(東洋製罐)
移動式日本酒充填サービス「詰太郎」(東洋製罐)

東罐興業厚木工場では18年5月に紙容器新工場棟を建設し「今後、紙容器の生産設備の増強がますます必要になることから、現在も能力を増強している最中」という。

紙容器は、外出自粛によって紙コップの需要が減退。一方、家庭内消費の増加でテイクアウト・簡便調理・詰替えニーズの高まりでパウチ容器の需要が拡大。「米飯・レトルト・住宅用洗剤などの日用品向け容器が非常に伸びた」と振り返った。

これを受け、21年に軟包材生産設備を増強する東洋製罐豊橋工場で対応していく。

脱プラ対応としては今年、機能性とデザイン性を兼ね備えた新しい紙製スタンディングパウチ「PA-PAUCH(ペーパウチ)」の提供を開始した。

同容器は、内容物を湿気から保護する防湿性が備わり、液体ではなく、米やドライフルーツ、スナック菓子、おつまみなどさまざまな食品に活用できるのが特徴で「地方の名産品に採用され、地方創生と絡めて提案している」。

「スマートパッケージの時代が到来する」と語る大塚一男社長(東洋製罐グループホールディングス)
「スマートパッケージの時代が到来する」と語る大塚一男社長(東洋製罐グループホールディングス)

そのほか、家飲み需要や衛生意識の高まりにより、チューハイ・低アルコール向けのアルミ飲料用空缶や消毒液用ボトルが拡大。この中でアルミ飲料用空缶に対しては、東洋製罐石岡工場の生産能力を増強して対応していく。

ただし、今後の方向性ついては全包囲の構え。「プラスチックにはプラスチックの良さがあり、プラスチックの利便性は外せない方もいらっしゃる。当社グループは素材が多岐にわたり、多様なニーズにいかに応えていくかが非常に重要」との考えを明らかにした。

なお、同社の第2四半期(4―9月)業績は、コロナ禍の外出自粛でボリュームの大きい飲料容器やキャップなどが打撃を受けたことから前年を下回った。