豆乳類生産量 無調整中心に引き続き増加 業務用も昨年レベルに回復

2020年7~9月期の豆乳類の生産量は、前年同期比103.5%の11万3千565㎘となり、「豆乳(無調整)」を中心に伸長した。最も伸び率が高いのは「豆乳(無調整)」で、114.9%の3万2千630㎘。生産量が最も多い「調製豆乳」は99.9%の5万4千953㎘とほぼ前年並みを保った。

また、「果汁入り豆乳飲料」は4千830㎘(103.8%)、コーヒーや紅茶などの「フレーバー系の豆乳飲料(その他)」は1万6千929㎘(99.8%)だった。

主に業務用として生産している「その他」に分類される豆乳は、コロナ禍による外食自粛が続いていることもあり、今年は低迷していたが、7~9月期においては4千222㎘(90.9%)を記録し、ほぼ昨年レベルに戻ってきた。

こうした需要背景について日本豆乳協会では、「新型コロナウイルス感染症の影響により宅内需要が増加傾向にある中で、豆乳は健康志向の高まりから、飲用としてはもちろん、豆乳協会が提案している料理に使用する豆乳の需要も伸び、利用者が拡大していることが要因として挙げられる。特に料理需要の多い豆乳(無調整)の1ℓのパッケージを中心に生産量が増加しており、家庭内での消費量が大幅に増加したと分析している。一方、在宅勤務が増え、オフィス街でのコンビニエンスストアでの豆乳の消費量は減少したことから、調製豆乳の微減につながっている」としている。