非接触で「おすすめ」 歳暮ギフトにリモート販促活用 日本ハム

日本ハムは10月28日、髙島屋大阪店(大阪市中央区)で歳暮ギフトのリモート販促を始めた。非接触が叫ばれ店頭でのマネキンや試食販売が難しい中、社員が買物客と画面越しに対話をしながら商品を紹介するもの。

髙島屋ではこの日からギフトコーナーを開設。ハム売場に設置された画面を通し、日本ハムの担当者が「一人暮らしの方に贈られるなら、個包装がおすすめです」「この商品は関西限定です」などと買物客の要望を聞きながら、商品を紹介していた。

今回のリモート販促は、髙島屋8店を含む全国の百貨店12店で実施。来店客が多い週末を中心に、関西の髙島屋では11月29日(首都圏は12月6日)まで行う。

店舗販促などを担う日本ハムカスタマー・コミュニケーションの白井栄一CS部長は「単なる接客ではなく、ハムの切り方や美味しい食べ方なども画面を通し見てもらえる。メーカーだから伝えられることがある」と強調する。

中元・歳暮ギフトにおいてもネット販売は伸長しているが、百貨店には実際に店を訪れ商品を見てから贈りたいという顧客がまだ多い。白井部長は「今回の非接触型のシステムを利用しながら、われわれの強みである販売力を発揮し、他社との差別化を図りたい」としている。