食物アレルギー特集:「プロジェクトA」座談会 活動から2年、継続が一番の成果