デザイナーの卵とカップ麺開発 明星食品が新プロジェクト

明星食品は「MYOJO DESIGN PROJECT」を始動、第1弾商品「明星 東京デザイン専門学校コラボ メキシカンナチョスヌードル」「同 メキシカンナチョス焼そば」(各税別193円)を11月2日から全国で新発売する。

同プロジェクトは、明星食品と学校法人原宿学園・東京デザイン専門学校(東京都渋谷区)の学生による産学協働で、サスティナブルな地域共生の形として商品開発を行うプロジェクト。

地域に根差した積極的な技術・知識・アイデアの共有へ向けた取り組みとして、デザイン学校との産学協働によりデザイン起点の商品を開発するもので、SDGsのゴールの一つである、目標17「パートナーシップで目標を達成しよう」の達成に貢献する狙い。

東京デザイン専門学校の学生が企画した作品の中から最優秀賞に選ばれた作品を商品化。学生が考えたデザインをもとに商品化へ結び付ける新たな商品開発パターンから生まれた、見た目も味わいも新しいメキシカンナチョス風の2品。

「メキシカンナチョスヌードル」は、メキシコ料理の代表格ナチョスをイメージしたスパイシートマト味ヌードル。スパイスミックスにチリ、ハラペーニョの独特の辛みを効かせたスープに、芳醇チーズが香る。「メキシカンナチョス焼そば」は、スパイスミックスにチリ、ハラペーニョの独特の辛みを効かせたソースに、ザクザク食感のトルティーヤ風フレークが入ったスパイシートマト味焼そばとなっている。

今回のプロジェクトでコラボした東京デザイン専門学校は、同社の地元でもある原宿にキャンパスを構える総合デザイン専門学校。地元原宿と連携した「原宿デザインカリキュラム」や、企業と連携する「企業コラボカリキュラム」など独自のカリキュラムによる高い専門性とキャリア教育により、プロの第一歩が確実に踏み出せる職業人を育成している。