植物油 コロナで異例の上半期 家庭用生産量が業務用を上回る

2020年上期 植物油JAS格付実績

日本油脂検査協会がまとめた上期(4-9月)の植物油JAS格付実績は、前年同期比7.8%減(5万1千651t減)の60万7千454tとなった。新型コロナの影響で、外食店向けが中心の業務用(8kg~16.5kg)が26%減(5万3千774t減)と落ち込んだ一方で、家庭用は10.7%増(1万5千278t増)と伸長。

上期末時点の実績では、家庭用(4-9月実績15万7千698t)が初めて業務用(15万2千958t)を上回った。加工用は4.2%減の29万6千798t(1万3千155t減)。加工用バルクも家庭用食品向けは伸長したが、外食・中食向けの食品工場や土産菓子等の減産が響いたと見られる。

なお、9月単月では家庭用7%増、業務用11.5%減、加工用0.5%減のトータル2.3%減。業務用は依然1割減が続いているが、単月3万tに迫る水準まで回復してきた。