三重県産ブリを即日配送 毎週日曜は店頭でも販売 イオンリテール東海

イオンリテール東海カンパニーは3日、「おうちでイオン イオンネットスーパー」で三重県産の養殖ブリを即日家庭に届ける「朝獲れ企画」の販売をスタートした。愛知、岐阜、三重の26店舗が対象で、朝に三重県の尾鷲港で水揚げされたブリや真鯛を活〆し、刺身や柵など調理した上で配送。これから旬を迎えるブリが新鮮な状態で手軽に味わうことができる。

今回協力しているブリや真鯛の養殖を行う尾鷲物産では、新型コロナウイルス感染症の影響で出荷量が減少。特に酒を伴う飲食店は現在でも前年に戻らず、さらに全体の10%程度の構成比となる海外への出荷も大きく打撃を受けているという。イオンリテール東海カンパニーでは、苦戦する地元生産者の支援に加え、ネットスーパーの利便性を活用し、より新鮮な魚を提供しようと7月から真鯛の販売を進めていた。

当日の夕方に配送車で届けられる(イオンスタイル津南店/尾鷲物産)
当日の夕方に配送車で届けられる(イオンスタイル津南店/尾鷲物産)

10月3日には、イオンスタイル津南店で今年初めて水揚げされたブリが店頭に並び、来店者の目を引いていた。引き続き3県の一部店舗で、毎週日曜日に朝獲れのブリや真鯛が並べられる予定。

尾鷲物産の小野博行社長は「真鯛の輸出は落ち込んでおり、このような取り組みは非常にありがたい。ブリや真鯛は活〆してから12時間後がちょうど食べ頃になる。コリコリと弾力のあるブリの食感を楽しんでもらいたい」と話している。

ネットスーパーでは2回目の予約が10月15~29日まで、配送期間は10月31日、11月1日。3回目の予約は11月19日~12月3日まで、配送期間は12月5日、6日。それぞれ16時以降の便で届けられる。