自販機で何を売る?

現在では自販機で多様な商品が販売されているが半数は飲料の自販機だ。メーカーからの受け売りで恐縮だが自販機の歴史は想像以上に古く、紀元前古代エジプトの寺院にあった聖水の自販機がルーツだというのも不思議な縁を感じる。

▼日本は世界最大の飲料自販機市場だが、コンビニなどとの競合によって設置台数は減少傾向が続いている。コロナ禍による消費者の行動の変化でオフィス立地など、これまで確実な売上げが見込めたロケーションも苦戦している。

▼人口が減少する社会では、ほかのチャネルと同様に自販機も売上減少を食い止めるのは容易ではない。また、無人販売で労働力不足も一見問題なさそうだが、商品の補充などを行うオペレーターの労働問題も発生している。

▼これまでの延長を前提とすると未来は明るくないが、全国に200万台以上ある飲料自販機をインフラとしてとらえると見え方が変わってくる。新しいビジネスを興すときに重要なのは既存のインフラを活用することで、意外なモノやサービスとの組み合わせで進化する自販機に期待したい。