アサヒ飲料 PETボトル資源循環を推進 新たにケミカルリサイクルPET樹脂調達

アサヒ飲料は、新たにケミカルリサイクルPET樹脂を調達しペットボトル(PET)の資源循環を推進していく。

ボトルtoボトルの再生事業者である日本環境設計社に融資し、子会社であるペットリファインテクノロジー社の工場再稼働を支援することでケミカルリサイクルPET樹脂を調達する。

同工場の再稼働は21年夏を予定。この取り組みにより、水平リサイクル(ボトルtoボトル)によるPET循環利用を推し進め、プラスチック製容器包装の全重量の60%に環境配慮素材などを使用するという目標の早期達成を目指していく。

ケミカルリサイクルは、化学分解により中間原料に戻した上で再重合して新たなPET樹脂をつくる科学的再生法。回収された使用済みPETボトルを選別、粉砕、洗浄して異物を取り除いた後に、解重合を行うことでPET樹脂の原料または中間原料まで分解、精製したものを重合して新たなPET樹脂にする。

今回取り組むケミカルリサイクルの手法は、日本環境設計社が特許を保有する独自技術を用いて、PET樹脂の元になる化学物質(モノマー)を高純度な状態で回収し高い品質基準を満たすものとなる。

化学的なプロセスで不純物を取り除くことが可能なため、使用済みPETを何度も資源として再生できる。同社は今後、現在商業生産が実現されているメカニカルリサイクルに加えて、ケミカルリサイクルを取り入れることで地球環境への負荷低減に貢献していく。

既に持続可能な容器包装の実現に向けて「容器包装2030」を策定し、30年までに「リサイクルPET、環境配慮素材」「リデュース」「環境に配慮した新容器開発」の3つの目標を定めている。

なおメカニカルリサイクルは物理的再生法と呼ばれ、回収された使用済みPETを選別、粉砕、洗浄して異物を取り除いた後に、高洗浄による異物の除去や高温下での除染などの物理的処理を経て新たなPET樹脂にする方法となる。