コミュ不足はオンラインが原因か

新型コロナの影響で時差出勤、時短勤務、在宅勤務などテレワークを行っている会社が増加。企業規模の大小にもよるが、実施企業は7~8割に達するという調査もある。コロナ収束の見通しはつかず、長期化が避けられないことから、その割合は日々高まっている。

▼テレワークにより仕事が効率化した、趣味や家族と過ごす時間が増えた、朝の通勤が楽になったなど多くのメリットが指摘される一方、デメリットの多くはコミュニケーション不足と言われている。会議や商談、提案がオンライン化され、対面会話が少なくなったことにより情報共有や意思疎通が難しくなったと言う。オンライン会話をめぐり研修を行っている企業もあるが、なかなかうまくいかないようだ。

▼コミュニケーション不足はオンラインが原因なのか。コロナ前も適切なコミュニケーションがなかった会社ほどコロナの弊害を口にするが、オンライン化により従来の問題が浮きぼりになったという見方のほうが正しいようだ。

▼新しい日常が訪れ、人間本来のコミュニケーションの在り方も変わるのだろうか。