レギュラーコーヒーの異常な伸びに着目 「タリーズコーヒー」ボトル缶へ一層集中 ブラックから新商品 木村文乃さんCMに起用 伊藤園

伊藤園のコーヒー飲料は、レギュラーコーヒーユーザーの増加傾向を受け「TULLY’S COFFEE(タリーズコーヒー)」ブランドのボトル缶ブラックに一層集中していく。

同社の調べによると、家庭用レギュラーコーヒー市場の販売金額は3-5月の期間、コロナ禍による家庭内時間の増加を受けて前年同期比20%以上伸長。5月以降もこの傾向は続いているとみており、取材に応じた星野智信マーケティング本部コーヒー・炭酸ブランドマネジャーは「20%強の伸長率は異常値。在宅でレギュラーコーヒーの味を体験された方が通勤で缶コーヒーを飲まれる際、おいしさの基準がレギュラーコーヒーになってしまう」と語る。

コロナ禍でコーヒー飲料市場は、カテゴリー特性によるものではなく、外出自粛による買い場の影響を受けて苦戦。メインチャネルである自販機やコンビニ、駅売店に人が集まらなかったことが大きな痛手となった。

左から「TULLY’S COFFEE キリマンジャロBLACK」(285ml)と「同ブラジル100%CLEAR BITTER」(370ml)(伊藤園)
左から「TULLY’S COFFEE キリマンジャロBLACK」(285ml)と「同ブラジル100%CLEAR BITTER」(370ml)(伊藤園)

こうした中、旗艦アイテムのブラックコーヒー「TULLY’S COFFEE BARISTA’S BLACK(タリーズコーヒー バリスタズブラック)」390mlボトル缶は一部のコンビニで、競合の売れ筋ペットボトルコーヒーを上回る伸びで回復していく動きがみられたという。

これらの事象を受けて「レギュラーコーヒーユーザーはボトル缶コーヒーユーザーに近いという仮説を立てており、『タリーズコーヒー』では、味の劣化を防ぎおいしさをキープできるボトル缶に集中していく」考えを固めた。

この考えの下、「バリスタズブラック」ボトル缶に続く柱に育成すべく開発されたのが「TULLY’S COFFEE キリマンジャロBLACK」(285ml)と「同ブラジル100%CLEAR BITTER」(370ml)のボトル缶2品。どちらもホット・コールド兼用となっている。

星野智信マーケティング本部コーヒー・炭酸ブランドマネジャー(伊藤園)
星野智信マーケティング本部コーヒー・炭酸ブランドマネジャー(伊藤園)

10月5日に新発売される「キリマンジャロBLACK」は、果実のような酸味と甘みのある香りが特長のタンザニア産豆を51%使用したブラックコーヒー。「コーヒーの強さや飲み応えは主力の『バリスタズブラック』に任せて、『キリマンジャロ』は香りでスッキリ飲んでもらえるように設計した」。