粉末飲料「スティックメイト」拡販へ パティシエ監修の「抹茶オレ」も 名糖産業

名糖産業は1日から、粉末飲料の今秋冬新商品を発売した。「スティックメイト」シリーズの人気アイテム「Mアソート20P」を新ラインアップで展開するほか、パティシエ監修の「抹茶オレ」などを投入した。部門活性と売上拡大につなげていく。

「スティックメイト」シリーズは、“4種の選べる”をコンセプトにバラエティ感を演出するスティックタイプの粉末飲料。1杯当たり180㎖のマグカップサイズで、温・冷どちらでもさっと作れる手軽さが人気。メーンターゲットである主婦、OLなど20~40代女性を中心にファンの裾野を広げてきた。

今回は、「Mアソート20P」に新フレーバーの「ストロベリーミルクティー」が新たに加わり、「ミルクティー」「ショコラミルクティー」「キャラメルミルクティー」との4種詰め合わせとした。

「スティックメイト」シリーズは他に、フルーツ系の「Fアソート24P」や柑橘系の「VCアソート20P」、「ミルクココアアソート20P」を展開。今季はエリア限定でTVCM放映も予定しており、ブランド確立へ向けてさらなるPRを図っていく。

スティックタイプの粉末飲料では、岐阜県出身のパティシエで「シェ・シバタ」のオーナーシェフの柴田武氏監修の「ライチミルクティー5P」「抹茶オレ5P」の2品も新発売となる。「ライチミルクティー」は華やかなライチの香りの、コク深いミルクティー。「抹茶オレ」は2種類の西尾産抹茶をブレンドした。少しリッチな味わいを求める20~40代女性を中心に訴求していく。