レモンサワー「檸檬堂」絶好調 麦焼酎使用の非売品「うらレモン」当たるキャンペーンも

コカ・コーラシステムのレモンサワー専門ブランド「檸檬堂」が絶好調で、8月24日から裏メニューが当たる新キャンペーンを展開して勢いを加速させている。

「檸檬堂」はコカ・コーラボトラーズジャパンが18年5月から九州限定で4品を発売開始し、19年10月に全国拡大したところ19年同社販売数量は190万ケース(1ケース24本)を記録。同社は今年、500万ケースの販売を目標に掲げていたが、上期(1―6月)に既に420万ケースを販売し破竹の勢いとなっている。

味覚評価が高く、日本各地の酒場で提供されるおいしいレモンサワーのこだわりに学び、焼酎をおいしく飲む方法として知られる前割り焼酎にヒントを得て、丸ごとすりおろしたレモン果汁とお酒をあらかじめ馴染ませた「前割りレモン製法」を採用し、高いリピート率を記録しているという。

裏メニューが当たる「家飲みの常連さん」と題した新キャンペーンは、抽選で合計5千人に非売品の「檸檬堂うらレモン」が当たる内容となっている。

5000人に非売品「檸檬堂 うらレモン」が当たるキャンペーン「家飲みの常連さん」
5000人に非売品「檸檬堂 うらレモン」が当たるキャンペーン「家飲みの常連さん」

8月24日から11月30日の期間中に「檸檬堂」を購入し、キャンペーンサイトで商品のバーコードを読み取ると獲得できる“常連さんのはんこ”を5個集めて応募する。

「檸檬堂 うらレモン」は、「檸檬堂」の丸ごとすり下ろしたレモンをあらかじめお酒で馴染ませる「前割りレモン製法」をそのままに、麦焼酎を使って仕込んだ。麦焼酎ならではのまろやかな旨みと、レモンの酸味が絶妙に溶け合った味わいが特徴となっている。