連続ドラマ「カレーの唄。」にハウス食品が協力 レシピ共同開発も

ハウス食品は、KADOKAWA原案の連続ドラマ「カレーの唄。」に協力し、ドラマに登場するオリジナルカレーレシピを共同開発した。「カレーの唄。」はカレーをモチーフに男2人の絆を描いたハートウォーミングなドラマ。10月から、ひかりTV、dTVチャンネルで配信、BS12トゥエルビで放送される。

「カレーの唄。」は全12話。満島真之介さん演じる、両親に捨てられ、世界中を放浪しながら、一人で生きてきた男・天沢陽一郎が、登場人物の悩みを、おすすめのカレーを一緒に食べながら解決していく。

各話ごとに異なる、多種多様なカレーが見どころの一つ。ハウス食品が共同開発したレシピのほか、グループ会社である壱番屋が展開する「カレーハウスCoCo壱番屋」、都内有名店、隠れた名店のカレーも登場しドラマを盛り上げる。

共同開発オリジナルレシピのカレーは「プロクオリティビーフカレー」〈中辛〉で作る「焼きチーズカレー」と「カレーパスタ」。さらに「ギョニソ(魚肉ソーセージ)カレー」、肉、じゃがいも、たまねぎ、にんじんと「こくまろカレー」〈中辛〉で作る「おうちカレー」も登場する。