酒類食料品業懇話会 新年賀詞交歓会を中止

酒類食料品業懇話会は8月24日、来年1月5日に開催を予定していた「令和3年新年賀詞交歓会」の中止を決めた。

懇話会の役員・世話人で開催是非を検討してきたが、新型コロナウイルスの終息が見通せないことや、開催した場合には密集・密度を避けるべく、参加人数を大幅に絞る必要があること、会場内を自由に移動してのあいさつや会話にも制約が生じるなど、新年の祝いとあいさつを交わすことが難しいとの判断で一致し、開催中止を決めた。

酒類食料品業懇話会の賀詞会は食品業界の幕開けを飾る恒例行事で、例年は卸・メーカーのトップら700人以上が参加。新型コロナで正月の風景も大きく変わりそうだ。