さとう、近畿北部に新店計画 来夏にかけ2店舗

スーパーのさとう(京都府福知山市)は来年の春と夏に、近畿北部で新店を開く計画を明らかにした。

来年春の開店を予定するのは京都府亀岡市の「フレッシュバザール亀岡千代川店(仮称)」。亀岡市への出店は2店目。JR千代川駅から南西約800mに位置し、多くの商業施設が集まる国道9号線沿いのため広域からの集客が見込めるとしている。売場面積は1千481㎡。

夏には兵庫県丹波市に「フレッシュバザール氷上インター店(仮称)」の出店を計画。同市では昨年の市島店に続く7店目となる。氷上インターチェンジから南へ約300mの場所で、同様に広域集客が見込めるとしている。売場面積は934㎡を予定。

両店がオープンすると、さとうグループの店舗は81店舗(うち食品SM68店)となる。