コロナ禍で変化が一気に加速 サントリーHD 川崎益功常務執行役員

コロナ禍では生活が大きく変化するとみている。外出自粛や節約志向といった一時的な変化にとどまらず、健康志向やECなど、生活習慣や消費行動の変化が一気に加速するだろう。

プラスチックやCO2といった環境問題への意識も高まっており、またデジタルトランスフォーメーションも加速するなど、社会や消費者の行動は大きく変化する。コロナ禍の変化に対しては受け身ではなく、自ら変化を生み出して新たな価値、需要を創造することで、コロナに打ち勝ちたい。

(6日開催の決算発表会で)