高野豆腐で初の機能性表示食品「こうや豆腐パウダー」 みすずコーポレーション

みすずコーポレーション(長野市)は9月1日、高野豆腐単体で初の機能性表示食品となる「こうや豆腐パウダー」を新発売する。粉状の製品で小麦粉の一部を置き換えたお菓子や、肉の一部を置き換えたハンバーグなどに利用することで手軽に機能性表示食品を取り入れることができる。

「こうや豆腐パウダー」には大豆ベータコングリニシンが含まれており、肥満気味の人のBMIを低下させること、および高めの血中中性脂肪を低下させる機能が報告されている。大豆ベータコングリニシンは熱や発酵などの影響により減少する成分だが、同社のゆるやかな製法(タンパク質抽出・乾燥)により安定的に含有した高野豆腐が提供できる。

同社は高野豆腐に含まれる大豆ベータコングリニシンに注目し、臨床試験論文を網羅的に調査し取りまとめた研究レビューをもとに科学的根拠を確立。近畿大学農学部との共同研究で大豆ベータコングリニシンの定量分析方法を確立し、他の機能性素材を配合することなく高野豆腐単体で機能性表食品の届け出を完了させている。