キリン ファンケルと初の共同開発商品 フレーバーウォーターと「カロリミット」初のノンアルチューハイ

キリングループは3日、19年に資本業務提携を締結したファンケルとの初の共同開発商品を発表した。

共同開発商品は、キリンビバレッジの飲料「キリン×ファンケル BASE ピーチ&ザクロ」(500㎖PET)とキリンビールのノンアルコールチューハイ「キリン×ファンケル ノンアルコールチューハイ氷零カロリミット レモン」(350㎖缶)、「同グレープフルーツ」(同)の計3品。

「キリン×ファンケルBASEピーチ&ザクロ」は、ファンケル独自の組み合わせであるHTCコラーゲン500mgとバラつぼみエキス5mgに加えてビタミンC27mgを配合した新フレーバーウォーター。キリンビバレッジの飲料開発技術によって、忙しい女性が仕事や家事の合間に飲むことを想定して開発され、程よい甘さと酸味を楽しめるピーチ&ザクロフレーバーを採用し日常的にすっきり飲めるように仕立てられている。

カロリーは100㎖当たり16kcal。10月6日に新発売され、同20日にはファンケルの通販と全国のファンケル直営店でも販売される。

一方、ノンアルコールチューハイ2品は、難消化性デキストリンの働きで“食事の糖や脂肪の吸収を抑える”のヘルスクレームを持つ機能性表示食品で、「カロリミット」ブランド史上初となるノンアルコールチューハイとなる。2品とも10月13日に新発売され、同20日にはファンケルの通信販売と一部のファンケル直営店舗でも数量限定で販売される。